gravity

シネコンゼロ・グラビティのリバイバル上映を2回観てしまった。

不思議な感覚なのだけれど、流星として飛散して落ちていくシーンで感動してしまう。

もはやCGがどうとか実写がどうとかいうのは意味のないことだということをあらためて思いしらされる。

そもそも実写であるはずなどないのだけれど、その境目などまったくわかりはしないのだから。

今となってはスペースオデッセイのなんと和やかで穏やかなことか。

また、ただ還ってくるだけの話でここまで作ってしまうキュアロン監督の手腕もまたすさまじい。

emobile文句なし

GS07Sがかなり快適。

今までbiglobe3GとかOCNモバイル、楽天LTEなどいわゆる格安SIMを使ってきたせいなのか。

特にemobileが素晴らしいというわけではないのかもしれないのだけれど、USBティザリングも特別なソフトウェアも必要なく出来る。

月5GBという通信量も必要十分。

それで1980円なのだから文句のつけようがない。

一年後には誰とでも定額は使えないけど、それでもビジネス用途に絞れば問題はないはず。

NBOX+一ヶ月点検

10時半ごろディーラーへ。終了したのが12時10分。たっぷり1時間半かかりました。

特に問題はなかったのだけれど、ディーラーの中が少しタバコ臭かったな。困ったものだ。

洗車もしてもらってとりあえず用は済みました。

次は5000キロの点検か。ずっと先ですね。

豪ストリーム

毎回楽しく見ている。podcastで豪さんの話を聞くのが習慣になっていたので、聴けなくなるのが残念でならなかった。

ustreamが嫌いというわけではないのだけれど、基本的には録音する、録画する手段が限られているので厳しい。

暗いニュースの中でも楽しみなことはあるもの

今はRufus Wainwrightのnew album

out of the gameが本当に楽しみ

真実

すべてが明らかになっていれば?

償いとはなにかと考える。

自分が何をしたのか、何がふさわしいのか、と。